草心の歩み

一.「草心会」の命名者と会のいわれ
草心会の創始者である山口南艸先生が、南艸の艸=草から「草」をとられ、雑草の如き強い精神力で書の研究を行う・・・と「草心」と命名された。
二.「草心会」の誕生と正会員の分布
誕生は、昭和57年7月であるが、平成11年5月に新しく再スタートをした。当時の正会員は756名を数えるが、現在は900名を超える会員と共に、書の研究を行っている。正会員は日本全土にまたがり、北海道・青森・秋田をはじめ、関東は東京・神奈川を中心に活動が活発に行われ、北陸・東海・名古屋から近畿地方は草心会の本拠地「神戸」を中心に大阪・京都へと広がる。中国・四国から九州は山口南艸先生が若い頃おられた延岡、そして沖縄まで全国に分布している。また海外はインドネシアにも会員があり、活動を活発に行っている。
三.現在の草心会
山口南艸先生が平成16年4月1日に逝去されてからは、新体制にて現在に至る。全国にまたがる会員と共に、比較的若い年齢層にも恵まれ、新しい書の可能性と古典の現代的発展を図れるよう精進している。

令和3年度 草心会役員

名誉顧問
坂本鴻洞
相談役
石坪琇景
理事長
阪本千楸
理事長代行
阿部和加子
倉橋奇艸
副理事長
赤石律扇
井上南海
薄木水雲
倉重拝石
立山艸雪
総務理事
朝倉裕子
河俣須磨
黒坂春香
小杉紘南
齊藤玉扇
直原彩苑
菅原京子
中西雅舟
難波美艸
林 惠艸
三宅楊舟
向 賀艸
山田香園
湯本小夜
常任理事
足立麗華
石井弘津
石田雅秋
上田和草
上野和風
宇佐美桂月
片岡隆丸
喜多光蓮
木村征子
小林弘琴
根 北楸
阪本秋篁
佐藤哉子
重信加南
角野真紀
関根靖苑
中川ヨリヱ
那須玉翠
西嶋敬水
西島翠景
乗木美穂子
長谷川艸苑
土生春葉
春本須美子
春山和楸
眞木千賀子
増山聖仙
松田紫秀
松本あけみ
丸山琇果
山口律舟
参事
石原松扇
埋田黎子
逢坂弘秀
小野千瑤
狩野紅舟
岸原虹舟
北田圭楸
佐藤苑艸
佐藤秋翠
新藤澄香
末木滴翠
大門玉泉
髙士和子
竹内松韻
豊島艸玲
原田友仙
宮川翠淵
山口弘翠
山部桂翠
和田葉山
渡會文苑
理事
青木恵流
有行紫香
安藤瑞穂
池田紅華
伊藤千華
岩井博子
永島翠雨
川村翠歩
岸田洸珠
岸本清舟
窪野梨仙
斎藤光楸
外岡洋子
髙井琇山
髙橋孤舟
立川水葉
谷口千翔
種村順子
露木玉榮
土井一剛
堂脇由美
永井瑤南
中村千麗
野中里恵
橋本扇景
福武順子
藤本櫻香
古澤桃園
細川由起
本間詩香
前田白兔
正木 歩
松井淳史
馬服黄纓
三浦秀子
水田夕華
向井少寉
村岡琴楸
村田ゆかり
森 光江
森岡由貴子
吉田南裕